2019/03/28

良い事だけじゃない?矯正中のデメリットはたくさんある

こんにちは!ma~yaです。

さて、矯正は歯並びを整えるのが第一ではありますが、
『矯正=見た目も変わる』というイメージもやはり強いかと思います。
また、矯正中は痛みで食事が困難なときもあることで、『矯正=痩せる』というフレーズも、ネットでしばしば見かけます。
やはり、そういった認識があるとすると・・・
「矯正って歯並びも良くなって、更にダイエット効果もあるなんて良い事ばっかり♡」なんて思う方もいらっしゃるのではないでしょうか・・?

果たして、本当にそうなのか・・・??
ということで今回は矯正中・不便なこと(デメリット)に焦点を当てていきたいと思います!



まず、矯正始めたい!と思うタイミングはみなさまそれぞれだとは思いますが、
矯正を始めるにはそれなりの覚悟が必要となりますよね。
一度始めたら(一般的には)後戻りは出来ないと思いますし、
お金も時間もそれなりにかかってきます。

「そんなビビらせなくてもさぁ〜矯正って言ったって、数年装置付けて、あとはフツーに生活してればいいだけでしょ?」

と、思ったそこのアナタ・・・

大 間 違 い で す !! 




前回記事にも書きましたが、いろいろな準備期間を経てやっと装置が付き・・・
▼こちらご参照下さい。
過去記事:マジ?矯正装置が付くまでの道のりは意外と長い?!
いざ装置が付いたとなれば、痛み&違和感&食事の不便さと戦う日々の幕開けとなるのです!!
しかもどんなに痛くて装置を取りたくなっても自分で外せません!!!!(これだけ聞くと怖い!)

ちょっと大げさ?と思われる方もいらっしゃると思いますが、
実際にわたしが矯正を始めてみて、ぶっちゃけ想像よりも遥かに不便さを感じているのが現実だからです。


 
具体的な例を挙げていきますと・・

【食べられない物が、意外とたくさんある】
だいたい歯医者さんでは、「固い物や歯に付く物は装置が破損する原因になる可能性があるからNG!(代表的なのはおせんべい、ガム、おもちなど)」と言われますが、フツーに生活してるとそれ意外にもたっくさんあることに気づきます!
(わたしは慎重派なので、食事は毎回かなり気をつけていますが、逆に全く気になさらない方もいると思うので、性格にもよると思いますが・・。)

【だいたい何を食べても装置に絡まって食べづらい】
特に麺やお米、細切りの野菜など・・まー絡まる絡まる!!!
▼こちらもご参考までに・・。
過去記事:矯正中・外食時の危険メニューBEST3とは?!
 
【食後は歯や装置に食べかすがはさまっていないか終始気になる】
ひとりのときは特に気にする必要もないですが、友人とのランチなど、人との食事のときはかなり気になります・・。

【歯が動いて痛い時期や、装置で粘膜が傷ついているときの食事はマジで地獄!!】
食事が上手く出来ない辛さは、普段食いしん坊ではないわたしでもかなりストレスを感じますので、「食べるの大好き!」っていう方は尚更辛いのではないかと思います・・。

【食後は歯磨きをしなくてはならないので、みんなで楽しく食べ歩き!等がしづらい】
全く気にしない方ももちろんいらっしゃると思いますが、今まで何の不自由もなく出来ていた「食べ歩き」や「間食」がある程度制限されてしまいます・・。
なのでわたしは、装置が取れたら、まず中華街に行って食べ歩きしまくろうと今から決めています。

【毎食後、今まで以上に念入りに歯を磨かかなくてはいけないので、歯磨きにかなり時間がかかる】
これは毎日のことなので、やっぱり疲れていたり時間がないときは本当にめんどくさ〜と思います。ただ、逆に毎日やっていれば慣れますし、毎日その時間を組み込んだスケジュールで動けるようになります。でも、やっぱめんどくさいときはめんどくさい!!!

【装置の違和感は時間と共に慣れるけど、違和感は違和感! 】
これも、本当に慣れます。が、違和感はそれなりにやっぱりあります。

【装置があるせいで、話しづらいときがある】
人によると思いますが、ブラケットがモゴモゴして話しづらいときがあります。
日常生活に支障をきたすまではいかなくても、多少は誰でもあるんじゃないかなと思います。

【誤って装置が取れてしまったときの、直してもらいに行くめんどくささ!(特に自宅と歯医者さんが離れている場合)】
わたしは自宅から電車で矯正歯科へ通っているので、月1の調整については特に問題ないですが、もし装置に不具合が出た場合などは、また行かなくてはいけないので、自宅と医院が離れている場合は、そういった不便さがあります。

etc・・・・。

これらを見て・・

「な〜んだ、じゃ、これらを気をつければいいのね〜OKOK♪」

と、いうわけでもなく。

正直、始めてみないと分からない不便さは、これ以外にもたくさんあります。




上記にも挙げたように、主に不便さを感じるのは食事が大半ですが、
それ以上に堪え難いのは、やっぱり『痛み』です。

前回記事で、矯正にまつわる痛みについてお伝えしましたが、
個人差はあれ、痛みは付きものだと思います。
▼ こちらご参照下さい。
過去記事:矯正は痛い!?気になる『4つの痛み』って?詳しく解説!

そして、やはり次第に痛みにも慣れてはきますが、
場合によっては日常生活に支障をきたすレベルの痛みになる場合だってあり・・
例えばその痛みのピークが、何か大切なイベントと重なってしまったら、
環境のストレスに加え、矯正が更にストレスになることも大いにあると思うんです。
(予めそれらに当たらないように、調整日の日程を考えたり等は出来るとは思いますが)

だからと言って、「やらなきゃよかった!」というワケではないです。

やはり、歯は日々動いていますから、その変化に気づき、綺麗な歯並びに近づいているなと実感できたとき・・・
今まで感じていた不便さが吹っ飛ぶくらい、嬉しくなります。

むしろ今の段階でも「なんでもっと早くやらなかったんだろう?」と思うくらいです。




今まで挙げた通り、矯正中は不便なことがたくさんあります。(あんまり気にしない方もいらっしゃると思いますが)
でも矯正を始めてから、歯の大切さ・普通に食事が出来ることの喜びなどなど・・日々いろいろなことに気づきます。

歯並びが綺麗になっていくのを見るのはとっても楽しいことですよね。
ネットでも、矯正のビフォー・アフター画像などを見ると、「こんなに綺麗になるなら、わたしもやりたい!」と思う方もたくさんいらっしゃると思うのです。
というか、わたしも始める前は毎日そういった画像をよく見て、わくわくしていました。
でも、その分痛みや不便なこともたくさんあることを身を持って感じています。
もし、矯正をやるか・やらないか迷われている方がいれば・・そういった覚悟だけはしておきましょう!!!
そして、その道のりは長いので、自分の意思で決断することがもっとも重要になると思います。
なぜなら、 他人にすすめられたり、「みんながやってるなら、わたしもやってみよっかな?」というような軽めな気持ちだと、長い期間モチベーションを保てないと思うからです。
揺るがない強い意志を持てば、きっと乗り越えれると思います!

少しでも参考になれば嬉しいです。

ma~ya

★★・・スマホからからご覧の方は、下へスクロールして頂くと、【カテゴリー】【月別】ごとに他の記事をご覧頂けます・・★★



にほんブログ村 美容ブログ 歯列矯正へ
にほんブログ村


PVアクセスランキング にほんブログ村

0 件のコメント: